全力疾走

社会人1年目のおたくの備忘録

あんスタに救われた話

dw22ms.hateblo.jp
ご覧の通り、社会に揉まれて生きることに必死なのですが、仕事に加えてプライベートでも厄介ごとに巻き込まれ、23年生きてて一度もしたことがなかったリビングで寝落ちを経験するほど参っていた5月がありました。いやほぼ6月かな。もうこれはお節介ではなく脅迫に近いソレに悩まされました。思い出したくないのにふとしたときにその子の顔が浮かんで脳内でずっと説教されるの 幻覚かな
お仕事の休みも全部家に引きこもる始末 ベッドから一日動かないなんてざらで気づけば日は落ち、明日も始発だしもう寝よ、と20時に就寝 そして4時起き
大好きな漫画を読んでも楽しくないしDVDを観る気にもならない ストレス発散はすべて買い物でしているせいでお金もない
そんなときに頭をぶん殴ってくれたのは月永レオでした。


予測不可能の王様
月永 レオ | あんさんぶるスターズ!

突拍子のない行動を取るせっかちな性格。二年生の春休みから半年ほど不登校状態だった。妹と霊感(インスピレーション)を愛し、様々なものから常に刺激を求めているため神出鬼没。作曲を得意とし、自他共に認める音楽の天才。弓道部に所属しているが、ほとんど幽霊部員状態。ユニット『Knights』に所属し、リーダーを務めている。自由奔放ではあるものの、放浪していると後輩の朱桜司に連れ戻されたり、ユニットへの参加をメンバーに望まれているため徐々にリーダーとしての勘を取り戻しつつある。

アイドル育成ゲームのあんさんぶるスターズ!のキャラクターです。あんスタは元々リリース前から事前登録をおこない特典を貰うまでしていたんですけどいざ始まったら作業ゲーで、ゲームをクリアさせたことのない私にはなかなかの苦行で何日かしてやめました。気づいたときにはアンインストールしてて、だけどオタクの友だちにもう一度インストールして!!って言われて鳥貴族で再インストール、なんて程度の感じだったんです。それで月永レオが登場したときに「あ、この子好きだ!」って直感で思って、ほんとにたまーにアプリを開いてぽちぽちする、ほんとにそれだけ。イベントも走らないしなんなら最初に「部活とユニットとクラスとありすぎてわからん!!」って思ったままだったので月永レオが弓道部と言われてもユニットはKnightsと言われてもピンとこなくて。本当にただそれだけな感じだったんですよね。
それがどうした。私が目の前の現実に楽しさを見いだせずいつも脳内で説教くらってるときにふとツイッターで目にした「今回のイベストやばくない?!」というツイート。そこにはレオという文字が。えっ一体何があったの?!

これまであんスタはストーリーがやばい、とは聞いてたんですけど最初の方で挫折してしまってろくに読んでなかったんですよね。キャラクター多すぎて覚えられない!って一度思ってしまったらなかなかそこを乗り越えて読み進める体力がなくて。けれどもいまはストーリー全話開放されてるじゃないですか!!!月永レオを知る前に夢ノ咲学院を知らなければならないと思ってストーリー全話読みました。月永レオは出てきませんでした。けど!!!

なにこの闇の深さ、、、

という感想を持ったまま、ろくに走りもしてなかったイベントを軽く走り復刻のためにダイヤを割り、いまはスターライトを復刻期間中は走ってます。月永レオにつてい知るために。
そこまで興味が無かったものに一気にのめり込むときって、やっぱり弱ってる時なんですかね。気づいたらiTunesでKnightsの曲全部買ってました。Fight for Judgeの再生回数えげつないことになってます。このストーリーを最大限に感情移入するためにはこっちのストーリーを読んでからのほうがいいのでは?となってキャラクターのストーリーも読んだりね…おたく、好きなことには全力投球だから…
そうしてあんスタに触れる時間が長くなるほど病む時間はどんどん減っていって、「何かをしよう」って気が起きるようになりました。もうほんと、怖いくらいトイレ・食事以外で布団から出ること無かったんで、、、ありがとうあんスタ。ありがとう月永レオ。
一番しんどかった時はいま手元にあるチケット全部手放そうかなって思うくらいだったんで。月永レオのおかげで推しの舞台に足を運び最高に楽しい時間を過ごせました。

早く復刻イベの時間にならないかな、とオフを過ごしています。