読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Viel Glück.

みんな幸せになれ!

「オタク」の話

半年以内に友人二人から「プロポーズされちゃった!年内に入籍して、年が明けてしばらくしたら結婚します(はーと)」ってLINEが来た。
私はまだ学生で、こういうのが頻繁に来るのって社会人三年目あたりからだと思っていたからすげービビった。ふたりとも同じ場所で出会った人たちで、何人かでグループトークがあるんだけど私以外彼氏が居て、この連絡以降、私以外既婚者となる。私以外。わたし、以外。
春から就職して働き始めるってのにもう既にここのコミュニティで私は「未婚者」というラベルが貼られた。そんな感じがした。ふたりめの連絡をもらったとき、昔なじみの人たちと飲んでたからなのか、はたまた昼間に後輩に結婚について語られたからなのかはわからないけど、グサッときた。

もしこの連絡を観劇帰りに見てたら、どう思ったんだろう。いまと同じようにうわーやべぇなあ寂しいなあって思うのか、まあ今楽しいしいいわって思えるのか。


まあそんな始まりで、今日は私が自分のことを「○○オタク」と言えるようになったきっかけについて書こうと思う。始まりから脱線してる。

オタクって言えない
一番最初、小学生の頃、ジャニーズが好きだと言えなかった。流行のドラマを見ていること、その中で誰が一番カッコいいかは言えても、「○○くんが好きなんだ」とは言えなかった。あのドラマが好き~とかアニメが好き~って言えたし好きなアーティストの名前は言えたのに。だから小学生ながらに好きな人がドラマの特集で新聞に載っていれば切り抜いて保存したし、一時期新聞を取らずにレモンな一覧表を買ってるときは切り抜きまくってたし、朝の情報番組は5時間の放送のうち20分くらしか出なくても録画してチェックしていた。自分自身で自由に使えるお金がたんとあったわけじゃないからコンサートは行けないし、雑誌だって何冊もあるうちの一冊だけを買って。でも母親にだってこのことは言えなくて、雑誌をずっと机の下や布団の下に隠してた。
そして初めて、同学年で「オタク」というものに出会ったのだ。彼女はジャニオタではなかったけど、私の良く知らないパンクでロックなアーティストが好きで彼女はそれを全面にアピールしてた。机に書かれたグループ名。公式グッズの数々。「これが好きだ!」と口に出している彼女はかっこよかった。その子につられて私もジャニーズが好きなことを言えるようになったんだけど、それでもやっぱり男の子にジャニオタであることがバレるのは最後まで嫌だったなあ。

大学生になって、「好きなものはなんですか?」について答えることが増えた。私はまあ観劇が好きなので「舞台観劇が好きです」って答えるんだけどこれがまあね、大学内に芸術学部があってアート系よりも舞台寄りのパフォーマーだったり裏方だったりガチでいま板の上に立っている子も居るのでがっつり聞かれるんだよね。「何観るの」って。劇団四季は見たことないし帝劇にもまだ行ったことが無い。国立劇場に行ったことはあっても、そんな語れるものじゃないし。だから安易に言えなくなった。その子たちのがよっぽど「観劇オタク」で私はただの「若手俳優オタク」でしか無いから。なんかさ、私は自分が「若手俳優オタク」の括りであることに文句は無いんだけど、「顔がいいから好きなんでしょ」みたいなのが少し苦手で。顔が好き、だから好きなのはいいの。でも若手俳優=顔で仕事してるって考え方はちょっと切ないよね。あとオタクではあるけど貢いではないから周りの理解と一致しない部分があったり。オタクって言うのも難しいなあって。
そんな中で出会った先生が「オタクってつまり、好きを極めている人でしょう?」って言って、なんかいろんなつっかかりが消えていった。そう、好きなんだ。好きをたくさん積み重ねているから私はオタクなんだ。ただ好きなら月に何十回と観劇に行かない。イベントにだって行かないしDVDもきっと安いとこで買えばいいって思う。グッズだって言ってしまえばブロマイドはただの紙切れ。だけどそのブロマイドは今しか買えなくて舞台上で動いている彼らを収めた写真なんてそれしかない。そんな気持ちが働くからオタクなんだ。

そこからは自分の好きなことを口に出すのが楽になった。観劇が好きだけど好きな俳優さんが居てねって言えるようになったり。「オタク」って言葉の意味は本当は異なるのかもしれないけれど、私はこう思うことで言いやすくなったなーって話でした。


最後に冒頭に戻ると、私は少しずつそっちのことも考えられたらいいなと思うようになったよ。観劇だけできていればいいって思えない。我儘だけど、20代前半は一瞬で終わるんだ…

プライベートな話

☆つらつら

 

気温が一気に下がって11月の頭であることを忘れそうなここ最近 寒くなると人肌が恋しくなるって言うよね。アルバイト柄、この時期はもうクリスマスが始まっていて、なんならもう12月のシフトを出すからクリスマスシフト戦争が始まる。クリスマスイヴとクリスマスの店締のシフトの取り合い。彼氏彼女が居る人は休むor午前中に入ってもらってぼっち勢は午後から夜にかけて働いてそのままオケオール。人の入れ替わりはあるのにコレだけは変わらない。

 

そんな流れで(?)、オタクは本当に彼氏彼女が出来ないのか。ってことをふと思ったんですよ。季節柄ね。この間久しぶりに夢の国へ行ったらマジでカップル多くて引いた。しかもみんなペアルックなの。みんなだよ?カップルが多いことにはそこまでなんも思わなかったけど、すれ違うカップルがほとんど同じ服着てんの。びっくりした。好きな洋服着たら…いいのでは…?そういうことじゃないんですかね。ペアルックについての論文でも読むか。

 

正直な話、一概には言えないことなんだよね。結婚してる人も居るし。でも、若手俳優のオタクは綺麗なお姉さんめっちゃ居るじゃないですか。居たたまれなくなるくらい居るじゃないですか。そのお姉さんたちは、どんな生活をして居るんだろう。彼氏は居なくて、クリスマスは推しの舞台!イベント!なのか、クリスマスイヴは推しでクリスマスは彼氏。なのか。気になる木。だって綺麗なお姉さんたちもクリスマスだろうがバレンタインだろうがイベントに居るから。

それと、若手俳優のオタクは数ヶ月先まで予定埋まってるじゃない。社会人の人が「土日休みでも土日に観劇入れるし、友人と遊ぶ約束もオタク仲間は数ヶ月前から約束してるから、いま良い出会いがあっても会える日がない」って言ってて、そうなんだよなって。もう既に、その人のために割く時間が存在しないんだ。「一方通行な追っかけなんて虚しい。彼氏作った方が返事が返ってくるよ」「現実見なよ〜〜」とか言ってくる女たち居るけど、君たちが少しずつ友だちなくしてること知ってるからなって感じ。何かに夢中になれば、何かを見忘れる。よっぽど若手俳優オタクのが現実見てるよ。この距離感が何よりも現実味を帯びてるよ。彼は役者であり舞台の上の人間。私は舞台に上がることは一生ない、観客席から動くことはない何人かのファンの中の一人。ここが交わることはない。交わらせたくない。たぶんここが交じってしまうと、、、うん。違う話になりそうだからここは突っ込まない。

 

でもね、ひとりが寂しく感じる時もあるんですよ。てか、若手俳優界隈で過ごしてきたからこそ気づけた自分の一面なんかもあるんだよ。だからそこも受け入れてくれる人じゃないとダメなんだなって思った。凄いよね、きっとこういうのを彼女たちは恋愛しながら学んでるんだろう。

 

ただね、一緒に同じようにオタクだった人がいきなり彼氏できて彼氏に夢中になって独り身の人間への扱いが適当になるのは、非常に腹がたつ。さっきも言ったように何ヶ月も前から約束してるのに、彼氏が出来たからってオールキャンセルは無いだろ。オールキャンセルしていいのはルックスがいい彼らだけだぞ。

 

えーっと、だからね、オタクだから彼氏彼女が居ない。んじゃないってことを言いたいんだった。彼氏彼女じゃないものに夢中なんだ。夢中になるものが両方になった人はスケジュールの組み方がめっちゃ上手いか夢中になるものがその人と同じものってパターンなんだよきっと。気長に生きよ。

チケットの話

☆つらつら

昼間あんなブログを書いたのは、好きな作品のチケットが当たらな過ぎて病んでいたからです。何かしてないとやってられなかった。ふて寝したけど。

私の応援スタイル、というか、観劇スタイルはこんなん。
dw22ms.hateblo.jp
なので、たとえ推しが出ている舞台でも、三回くらい先行で全滅すると行く気が失せる。「来るな」って言われてる気がして。きっと他の人からしたら推しが出てるんだから必死になれよ!!とか思われてるかもしれないけれど、私はチケットが無いのにどうやって行くんだよ何に必死になるんだよ~ってなっちゃう。し、チケット譲渡を探してやり取りするのも結構疲れるよね。ここのところ好きな作品と推しさん関連でのチケット諸々の当落が重なってチケ取りに疲れていた。今日も好きな作品は全滅。探す元気もなく、ふぉろわさんの譲れるかもツイートもスルーした。
前は行きたい!ってなったらチケット譲渡ツイに張り付いて一番にリプライだ!!ってしてたのになんでだろう。今がそういう時期なのか、よくわからん。
けど最近は、洋服を見ても「この洋服買うなら、舞台一回は行けるな」って思わなくなった。「この洋服が欲しい。だから舞台は2回にしよう」みたいになった。これが舞台行くのやめよって選択肢になったら、潮時なんだろうな。
dw22ms.hateblo.jp
まさに、チケットが手元から消えた時が終わり時だと感じた。だって、他の舞台のチケット持ってるのにやめるなら今かも、とか思っちゃったもん。
作品が人気になることはいいことだ。私も散々この作品を多くの人に勧めたよ。だけど、ここまでチケット取れないと思わなかったなあ。
そしたらここにきて、推しさんの舞台やらイベントやらがよく当たるから、そっちに呼ばれているような気がして、病むのをやめた。
どうせなら笑って過ごせる現場がいい。もしかしたらあとで凄く後悔するのかもしれないけど、やらない後悔のほうが大きいから。今回は果敢に挑戦してそれでも取れなかった。最近は推しよりも作品を最優先させてきたから、この感覚は久しぶりだ。面白いなあオタクの浮き沈みは!!三日すれば口から出てる言葉は変わるね!

そんなわけで、チケットがあるかないかでモチベーションって変わるよねって話でした。もちろんメサイアは取れたよ。