Viel Glück.

みんな幸せになれ!

「メサイアー暁乃刻ー」in サンシャイン劇場

新年一発目のブログは年末に見たスレイジーライブだと決めていたのに、下書きに埋もれました。ただただ楽しい時間を過ごした年末の大阪でした。

今日は先日千秋楽を迎えた、「メサイア―暁乃刻―」について。千秋楽のことは別記事にしようかなと。

messiah-project.com


一昨年、9月に上演された

鋼ノ章 | Messiah ー"メサイア" ただ一人の、俺の救い人ーぶりとなるメサイアシリーズの舞台作品。10月に上映された映画の深紅ノ章以降、製作会社のクリエから音沙汰なく、気づけばクリエを離れて「メサイアプロジェクト」が発足され……というより、いまちゃんと見返してみたら、メサイア製作委員会から株式会社クリエが脱会したってことなんですね。その発表をされたのが2016年4月1日。と同時にHPに突如あらわれたカウンター。いやいや4月1日だしなんのエイプリルフールよ!!って慌てていたのが懐かしい。翌日公式からエイプリルフールじゃないよって言われて本当なんだなあと思っていたのも懐かしい。

 

暁乃刻は、紫微ノ章でチャーチに入学した幼馴染ふたりの卒業ミッションを中心としたストーリーでした。今までよりも多く使われる映像演出は、いつもアクションの見栄えがよかった高さのある舞台上とは打って変わってバックスクリーンが見やすいように高さのないステージで、けれども傾斜のあるステージで、スクリーンの前にはPCの中のような舞台装置もでてきて。すっごくシンプルなのに、映像の使い方がメサイアでは必要な部分でしか使われていないから一体化していて、見ている間にそちらに目を奪われてしまう瞬間もしばしば。

始まりは白崎護がひとりでミッション中のところから。北方の工作員と戦いながら徐々に負傷していく白崎護は、戦闘中に拘束される。拘束されたことを知りながらチャーチの学長である一嶋晴海は増援を送らないと言い、「ただひとつ、例外を除いて。それが、メサイア」と掟を黒子に告げる。拘束されている白崎は尋問をうけるなどなく、そのまま殺されそうになる中、自身の死を覚悟しメサイアである悠里淮斗に別れを告げる。すると銃を構えた工作員のひとりが突然、本人の意志なく身体が動き始め白崎を殺さず、別の工作員が白崎を撃とうとすると仲間の腕を掴みそれを拒む。白崎を取り囲んでいた工作員四人は同時に銃を掲げ、気づけば互いの頭を撃ち抜き死亡。戸惑いを隠せない白崎はそこでとある声を聞く。「大丈夫だよ。護のことは、僕が守る」

 

昨年9月にあった宵宮乃刻でプロローグを観たわけですが、あれは暁よりも前のお話っぽいですね。このまま2時間越えの舞台を文字に書き起こそうと思いましたが、文章にするとなんだか安っぽいお話になってしまう気がするのでやめます。プロの台本が欲しい。

印象的なシーンはいくつもあるんですけどなんなら全編なんですけど、私はシリーズの中で一番紫微が好きなので紫微を思い起こすシーンは特に好きです。白崎って紫微でもあっさり自分の死を覚悟しているんですよね、淮斗を残して。あと、白崎の言動ってすべて過去と繋がっているものばかりで、「探し続けたいです」は紫微で自分の生きる意味を探しているとき、「鋼の意志を貫きます」は鋼で正義とは何かを迷っているとき、「さあ、行こうか」は紫微から関係のある嶺二さん、最後の「もうすぐ夜が明ける。一緒に暁を見よう」は鋼の淮斗の「護の見たい景色」に繋がっているなあと。紫微の時からそうなんですが、白崎護という人間って多くの人間によって形成されていると思っていて、いや人間誰しもそうなんですけどメサイアシリーズの中では特にその部分が描かれているキャラクターだなと思っていて。悠里淮斗はもちろん、春斗、我妻さん、高野くん、嶺二さん、評議会、神北係長代理、先輩サクラの鋭利と珀、仮メサイアであった有賀、同期の間宮、正面からぶつかっていた同期の加々美、そして三栖公俊。紫微、影青、翡翠、鋼、深紅を通して白崎護を語る上で誰ひとり欠かすことができなくて、加えて今作でさらに黒子もとい百瀬、一嶋係長、雲井蓮、後輩たちの柚木、御池、小暮。こう並べると、キャラクター増えたなあ。 カンフェティのインタビューで、演じる燈くんが「白崎護は何かを欠落させなくちゃならない」って言っていたのを思い出すと、白崎は欠けている部分を周りにいる人間が自然と埋めてしまっていたんだろうなと感じました。チャーチに入ってからの白崎護って公安四係に居た時は出すことのなかった感情がたくさん出てきたんじゃないかと。淮斗が失踪したと聞いた時の動揺する姿だったり、Dr,TENに淮斗の最後を聞かされた時の泣き方がまるで子どもが大事なものを壊されて泣きじゃくる姿に見えて……ずっと誰かのヒーローだった白崎って子どもみたいに泣くことがなければそこまでの感情になることもなかったのかなと。深紅で椅子を思いっきり蹴っている姿とかね。あ、初夏に上映予定の極夜は悠里淮斗が失踪したと告げられてから白崎がチャーチを飛び出して淮斗を探そうとするのをやめるまでの半年間だそうです。だったよね?アフタートークで言ってた。だから、その間でもまた白崎護のそういう姿が見れるのかなと思うと楽しみで仕方ない。

 

少しずつ書き足していく式にします。何時間あってもメサイアの感想は足りないなあ。

2016年下半期振り返り

よーーーやっとスレイジーの記事書けた!いぇい!なのであとは振り返るだけです。観劇納めはした。あとはライブだけ。

 

dw22ms.hateblo.jp

 一年を振り返ろうと思ったんですけど、上半期で振り返ってるから半分にします。てかはてブロ始めて半年経ったんだね。おめでとう俺様とお前。

 

7月

計二回。チケット持ってなかったんで当日券で入りました。感想は散々書いたな。

 

dw22ms.hateblo.jp

dw22ms.hateblo.jp

 書いてないことの思い出と言えば久しぶりに俳優さんの近くで観劇することになったことかなあ。観客の様子も見てるのかなって思ったりして少し緊張する。幕が上がるとそれどころじゃないけど。観劇のエンジンが再度かかり直したのがここでした。吉谷さんありがとう。

 

  • おぼんろ第13回本公演『ルドベルの両翼』

dw22ms.hateblo.jp

 今までで一番きんきらきんのラブが目に見えた作品でした。

 

まりおくんの役者っぷりを見せつけられたのと、松田凌ってすごいなあと思わされた時間。あと、染様の肝の据わりっぷりを見せつけられた。

 

さとちゃんは癖になる役者さんだ

  • Club SLAZY-Another World-

計四回

 

dw22ms.hateblo.jp

dw22ms.hateblo.jp

 サヨナラをうたう、Qとディープとアクトのそれぞれの姿が忘れられません。私たちの正体が明かされた作品。客席も作品の一部であることが好きなところだったけど、物語にまで組み込まれてしまったら、楽しすぎて何も言うことない。インフルエンザ等々流行ってますし、「うがい手洗い除菌液!」ですよ!

 

アニカフェのような、そんな感じです。戦場って感じが、しました。

 

  • 舞台『KーLost small world』

dw22ms.hateblo.jp

 苦手を教えてくれてありがとう。集合体ほんとにダメなんだな。

 

8月

  • RP☆THEATER vol.1「泪橋ディンドンバンド」

計3回 これ感想書いてなかったかー。記憶が遙か彼方。王子がふんどしで出てきてびっくりした。あと、自分の推しが役者として10年目です!ってときにこんな風に舞台を用意してくれる人々が居るのかなあって思ったら、最後の挨拶とか泣けてきた。王子おめでとうございます。

 

  • CLIE SUMMER Festival 2016
  • "PERSONA3 the Weird Masquerade"
  • "Club SLAZY"
  • 『Club SLAZY』イベント

クリサマ~!ぺ3はド平日の昼間からやってたんで、サンシャイン劇場を10人ほどで観劇しました。贅沢すぎる。座席選べるしね。2千円しないで作品の一部が見られるなんてクリエちゃんやるなあって感じでした。ぺさんは叫べなかったけど、スレイジーはラブスレ並に叫べました。入ったのがイベントの直前公演だったから人も多かったしね。楽しかった。イントロドンも!

 

9月

作者が好きなもんでして。行って来ました。ろっぽんさんかっこよすぎる。

 

申し訳ないが記憶が曖昧である。でも和田さんの舌ペロは忘れられない。あと、いつまで経ってもエレベーターから降りれなかったこと。

 

dw22ms.hateblo.jp

計三回  言うまでもなく最高のイベント

 

10月

  • E.T.L extra~Volume上げてRising★ハイ!スペーストリップに出発だ!~

友人にチケットをいただいて行ってきたVRシアター。すごい。凄すぎる。舞台とかライブってキャストを一定期間拘束するから叶わないものってあるけど、これなら映像撮る時間とスタッフさんたちの編集するお時間があったら、観ることができるものが増えるんじゃなかろうか。初恋シチュエーションが元々好きだったんですけど、ジョカゲとか無重力LOVEも好きになりました。次、公演があったら行ってみたい。あと、崎山くんすごい人だった。たまに推し居ない現場に入るのも新しい発見ができて楽しい。

dw22ms.hateblo.jp

 読んでください。

 

11月

えっ、、、無し?イベントも?そうだっけ?卒論書いてたくらい?

 

12月

  • 舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺 リリイベ

県民ホールのおけぴに入れた最高

  • 推しくんのイベント

手紙書くよ。

  • おぼんろ『ヴルルの島』

もっとたくさんの人を連れて行きたかった…とりあえずTLで観に行った人がちらほら居てよかった。

  • Club SLAZY The Final invitation~Garnet~

dw22ms.hateblo.jp

dw22ms.hateblo.jp

 同じく読んでください。

 

風邪で観劇できなかった推しの舞台と、年末のスレイジーくらいですかねあとは。ニコ生でへたみゅを観て、るっきゅであいわずらいとを観ようとしたら全然進まなくて諦めた。デビミュ再演も行きたかったけどね~。こう振り返ると、夏がやばいですね。そこで上半期の貯金が消えたな。

今年は観劇が28回、イベントが12回ですね。半券の束が去年の半分な気がする。半券だけ数えてみたら77枚。おおう…もっとすごい人居るけど、同じ人で比較すると面白いね。そんな一年でした。よいお年を!!

「Club SLAZY final invitation Garnet」in 品川プリンスホテル exシアター

 

年内を振り返る前にどうしても書きたかった。大好きな作品が、ストーリーとして幕を下ろした今回の作品。あっという間です。初めて見たのは1年半くらい前だというのに…

 

Garnetとタイトルに付くだけあって、4→AWよりもガーネットの登場率が高かった気がする。finalとあったから、これまでの伏線を全て回収し、なんとなく、物凄く悲しい終わり方をするか、切ない終わり方をするのだと予想してました。ところがどっこい。こんなに会場に来た全員がハッピーになれる結末があるだなんて。

 

ストーリーを簡単に説明すると、やっぱりスレイジーにはナンバーワンという存在が必要だよねってことで代理支配人であるオッズに「残酷なまでに彼らに順位をつけろ」という指令が下されます。そこから、レイジー4人は次に与えられるであろう順位にもがき苦しみ悩む。一方のオッズは、これまで納得のいく答えを得られなかった難問の正解にたどり着きます。そして難問の鍵を握るQと共に、前作で登場した新しい世界「TORI」へと向かいます。Tから始まるTORIの世界。心を失った男たちが規律に守られ傷つくことなく過ごすことが出来る、理想郷。フライトの管理をするキャプテンを務めるのが、4で謎を残したまま消えたディープの兄であるドゥーバップでした。TORIで過ごす彼が最も欲しがるものは、自身よりも上に立っている男たちが自分に縋る姿。彼の話を笑顔で聞きながら、Qはこんな提案をします。ドゥーバップに、革命を起こすためにもう一度、スレイジーへやって来ないかと。見習いであるニュージャックたちの教育をおこない、レイジーTOP5がすべてニュージャックになった場合、現レイジーたち全員と特別価格でオッズつきをTORIの世界へと送ること。ドゥーバップはそれに賛成し、欠航し続けていたスレイジー行きの便を自身とQとオッズで出発することを伝えます。

レイジーたちはナンバーワンを目指そうと奮起するエンドと、順位なんかどうでもいいブルームと、その態度が気に食わないクールビーンズと、エンドにやる気を出されて困るけどやる気が無さすぎるブルームも気になるディープとが、互いに感情が絡み合いぶつかります。エンドは、教育係りであるディープさんに本気になってほしくて、だけどそんなのは言い訳だとクールビーンズに言われ、「他人や環境のせいにして逃げる」という言葉に悩まされます。ディープはどうでもいい~と言いながらも、オッズがやけに支配人であるジーズの名を出すことを気にかけていたりクールビーンズの性格を知っているが故にブルームに本気を出したらどうかと持ち掛けます。また、オッズから兄の話をされて思い悩む時間も。ミスタースレイジーことクールビーンズは、ニュージャックに負けてられるかと意気込み、エンドにダンスレッスンをしたり無理矢理ブルームを引っ張り出したりします。「敵であることに変わりないが、いまは仲間だ」 順位付けを目の前にこんなことを言えるクールビーンズは弱くてみじめでも、人が好きだから仕方ないのでしょうか。対して、順当にいけばトップエースであるブルームは過去と今を並べながら、悩み続けます。そこでたどり着いたものはオッズがよく言っている「確率」というもの。「思い続けなくちゃいけない」これは、彼がずっとやってきたこと。

革命を起こそうと奮闘するニュージャックと共に踊り狂うドゥーバップ。自分たちの居場所を必死に守りながら、過酷な順位争いに挑むレイジーたち。ここのダンスシーンは圧巻でした。バックミュージックが過去曲のアレンジなんですすべて。やってくれるなあ。そして、運命の瞬間。ミスターXが新たに与えた順位とは。トップエースの座は誰のものになったのか。

 

といった感じです。長い。簡略化したつもりだけど長い。でも実はもっとふかーーーいので、やっぱり映像配信して欲しかったですね。ライブはもちろんだけど、ストーリーを繰り返し見ておきたかった。ライブまでに。

感想は、「ファイナルだけどファイナルじゃなかった」です。スレイジーは明日も明後日も開店して、男たちが来店した女性に退屈しのぎを、、、ショーを届け続ける。1からずっと言っていたであろうことなのに、ファイナルで改めて気づかされたことです。心はしんどくても、足取りは軽かった。しんどいも、可愛くてしんどいし優しすぎてしんどいって感じです。でもやっぱり、終わっちゃうのは寂しい。この気持ちは、たとえ新作が発表されたとしても、しばらくは引きずるんでしょうね。初めての経験です。好きな舞台作品が終わってしまうの。ひとまず、大阪LIVEの準備します。クリエで販売されたペンライトは光がビームのように突き刺さるので劇場で振るのは危険だそうです。役者さん目つぶししてまう…濃い目のテープやマステで覆っているのを見かけました。何か対策をしたほうが良さそうです。

 

最後に、今回はガーネットカードで招待してくれてありがとう。